(Last Update: 2022年 10月19日 水曜日 20時31分19秒 JST)
Fine Kernel ToolKit System
お知らせ
  • (2022/10/19) 4.2.10 をリリースしました。 これまで、fk_TextImage や fk_SpriteModel でフォントを入力する必要がありましたが、 デフォルトフォント (Rounded M+) を利用する場合は初期化が必要なくなりました。
  • (2022/2/24) 4.2.9 をリリースしました。 今バージョンより、Windows では Visual Studio 2022 をサポートするようになりました。 また、Visual Studio 2019 でリリースする最後の版となる予定です。 仕様自体は変更ありません。
  • (2022/1/12) 4.2.8 をリリースしました。 fk_Math の乱数に seed が設定できるようになりました。 fk_Color で擬似カラーを出力することができるようになりました。
  • (2021/12/02) 4.2.7 をリリースしました。 fk_IndexFaceSet::makeIFSet でスムースシェーディングとフラットシェーディングを選択できるようになりました。
  • (2021/11/14) 4.2.6 をリリースしました。 fk_BGM, fk_Sound クラスで、再生時にハングアップしてしまう不具合を修正しました。 各クラスの仕様は 4.2.4 より変更はありません。
  • (2021/11/2) C++版、CLI(C#)版共に 4.2.5 をリリースしました。 fk_Graph クラスの最短経路探索で正しくない結果を取得する不具合を修正しました。
  • (2021/6/6) C++版、CLI(C#)版共に 4.2.4 をリリースしました。 CLI 版のフレームワークは .NET Core 5.0 に移行しました。 その他、fk_AppWindow の GetSpecialKeyStatus を GetKeyStatus に統合しています。
  • (2020/6/21) C++版、CLI(C#)版共に 4.2.1 をリリースしました。 4.2.0 の段階で、大変多くの変更がなされています。 特に CLI 版はフレームワークを .NET Framework から .NET Core 3.1 に移行しました。 4.2.1 は 4.2.0 に対し、グラフ関係の機能がいくつか追加しております。
  • (2019/11/19) CLI(C#)版共に 4.1.2 をリリースしました。 このバージョンでは、音を扱うクラスである fk_BGM, fk_Sound を追加しています。
  • (2019/10/14) C++版、CLI(C#)版共に 4.1.1 をリリースしました。 このバージョンでは、以前のバージョンに対して fk_SwitchStatus, fk_DrawMode 等で非互換な変更がありますので、 各関数や各メソッドのリファレンスマニュアルを参照して下さい。 単純に定数名を変更することでビルドは可能です。


ダウンロード ... Download Site
OSDN にて、ソースやパッケージ、インストーラ等を公開中です。

( https://ja.osdn.net/projects/fktoolkit/releases/)



概要 ... What is this?
Fine Kernel ToolKit (以下 FK) は、 リアルタイム 3DCG アプリケーションを作成するためのフレームワークで、 C++ や C# (.NET) のクラスライブラリという形で提供しています。 以下のような特長があります。
  • シンプルな記述 : マニュアル中で最初に紹介する直方体を回転するサンプルは、 コメントや空行を除くと39行でできています。


  • 多彩な利用用途 : フルスクリーンのゲームから、 複雑な GUI を持つビジュアルシミュレーションまで、 どのような用途にも適しています。


  • 他の技術との親和性 : FK は main 関数をユーザから奪いません。 その結果、他のシステムとのリンクを容易としています。 Cg言語によるシェーダ記述や、CUDA を用いた GPGPU も可能です。


  • マルチプラットフォーム : 念頭に置いている OS は Windows, MacOS X, UNIX系システムです。 Windows においては、Visual Studio による開発と フリーの開発環境である MinGW による開発も可能です。 全てのプラットフォームにおいて同一のコードがコンパイルでき、 同様に動作します。




解説文書 ... Documents


C++ 版サンプルプログラム集 ... Sample Codes
  • Box.cpp (直方体と線分による形状の回転)
  • Ball.cpp (ボールが跳ねる様子のアニメーション)
  • Viewer.cpp (fk_ShapeViewer のデモ)
  • Car.cpp (マルチウィンドウのデモ)
  • GUI.cpp (FLTK を用いた独自 GUI 構築)
  • Vertex.cpp (ランダムに頂点を生成)
  • Particle.cpp (fk_Particle クラスを用いたサンプル)
  • Water1.cpp (簡単なパーティクルシミュレーション)
  • Water2.cpp (上記プログラムにわずかな修正を加えたもの)
  • MeshTexture.cpp (メッシュテクスチャのサンプル)
  • TextImage.cpp (文字列板のサンプル、 「SampleData.zip」中にあるフォントファイル「mona.ttf」が必要)
  • Sprite.cpp (スプライト表示のサンプル、 「SampleData.zip」中にあるフォントファイル「mona.ttf」が必要)
  • OggStream.cpp (ogg形式音声ファイル再生のサンプル、 「SampleData.zip」中にある音声ファイル「epoq.ogg」が必要)
  • SampleData.zip (サンプル用フォントデータおよび音声データ)


尋ねたいことがあれば ... Do you have any Questions?

FKプロジェクトのメールアドレス ( fk@gamescience.jp ) までご一報下さい。



OSDN
(c) Fine Kernel Project ( fk@gamescience.jp ), 1997-2022